「…やっつけなきゃいけないのはその7人のヒーローの方」プラネットウィズのあらすじや登場キャラクター紹介。

スポンサーリンク
マンガアニメゲーム

舞台は、とある海の見える静かな街。突如地球に進行してきた謎の生命体ネビュラと、それを迎え撃つ7人のヒーローたち。

老若男女の個性豊かなヒーローたちは、念動巨神装光という大きな光の鎧をまとって敵と戦います。そして主人公の少年宗矢は、その7人のヒーローを倒すべく立ちはだかるのです。

割とどこかにありふれていそうな設定なのに、読んでいくとついついのめり込んでしまうプラネットウィズ。というか私は、この作者の水上悟志先生の作品が大好きなのです。

というわけで今回は、そんなプラネットウィズのあらすじ、登場キャラクターを紹介します。

プラネットウィズとは。

野蛮な進化を遂げようとしている地球人から“欲”をなくして平和な進化を促そうとするネビュラ星人と、それを阻止すしようとする、地球人より選ばれしヒーローたち。そしてヒーローの力の源を奪取しようと画策する主人公宗矢の勢力。

3つの勢力がそれぞれの思惑を胸に秘めて戦うファンタジーものになります。しかもそれぞれの組織も一枚岩でなく、登場キャラクターは皆各々悩んだり、泣いたり、ときに裏切ったり、様々な表情を見せます。

水上悟志先生の作品らしく、テーマは非常にシリアスなのですがところどころ気の抜けたギャグが挟まっていたり、敵対はしているものの登場するキャラクターが皆優しい人たちばかりというのもあり、読んでいてとても気持ちのいい作品です。またダラダラと引き伸ばさず、テンポ良く物語が進みずっとワクワクしていられるのも、水上悟志先生の作品の特徴でしょう。

アニメから始まったプラネットウィズ。

【amazon Prime Video】プラネットウィズ

通常マンガか小説を原作にアニメが制作されますが、このプラネットウィズはアニメが先行しています。もともと水上悟志先生の書き下ろした1,000枚以上のネームからアニメが制作され、2018年夏のクールに、TOKYO MXやBSなどで放送されました。

その後みかみてれん先生により小説化、水上悟志先生自身によってマンガ連載にも至っています。マンガは現在もヤングキングアワーズにて連載中、3巻まで単行本が出ていて、アニメでいえばちょうど半分くらいまで進んだところです。

プラネットウィズの面白み紹介。

プラネットウィズの面白みその1:主人公の立場はまるで悪役。

出典:プラネットウィズ1巻

異星からの侵略者から地球を救い、夜道をひっそりと帰るヒーローたちを、主人公の宗矢はまるで悪の暗殺者の如く襲撃します。最近はこういった悪人視点で描かれるダークヒーロー的な物語も少なくはないですが、プラネットウィズはどうもそういう物とはひと味違います。

明らかに事情を知っているにもかかわらずろくに教えてくれない先生と、どこかワケありげに先生に付き従い宗矢の世話を焼くメイド服の銀子。そして立ち位置としては悪役のようだけれども、とにかくその先生と銀子、そして対立する7人のヒーローたちに振り回される宗矢。

ただ振り回され、自身の過去に悩まされながらも、宗矢は信念を曲げず常に毅然としています。そういうところが、プラネットウィズを読んでいて気持ちいところなのだと思います。

プラネットウィズの面白みその2:事態の変化とともに移り変わる互いの立場。

プラネットウィズの登場キャラクターたちはいつもどこかで悩んでいます。自分のやっていることが正しいことなのか、これは本当に自分がやるべきことなのか、明らかに何かを隠している自分たちの首魁は本当に間違っていないのか。

ただそんな精神状態でも事態はどんどん進んでいき、新しい事実が判明していきます。そしてその度に、登場キャラクターたちの立場は少しずつ変化していくのです。

出典:プラネットウィズ3巻

地球を守る部隊を抜けると宣言する紅華…もはやリーダーの思想にはついていけないとのこと。けれども実は秘密裏に、この怪しいリーダーを調べようとします。

出典:プラネットウィズ3巻

ヒーローたちはいつしか、自分たちを狙っていた宗矢に対して心を開くようになっていきます。同時に、自分たちがやってきたことが本当に正しいことなのか疑問に思いはじめ、いつしか自ら力の源を差し出すようになってしまうのです。

出典:プラネットウィズ3巻

また宗矢の陣営の銀子もまた、敵であるはずの因幡に心を動かされ、手を貸すようになります。

プラネットウィズの面白みその3:この世ならぬもののセンス

出典:プラネットウィズ2巻

プラネットウィズに登場する地球の侵略者の姿が非常に変わっています。まず敵の閣下が犬です。そして反対派である先生は猫です。

そしてもっとすごいのが、侵略者の有する兵器のデザインです。

出典:プラネットウィズ1巻

体の本来手がある場所に耳、そして手はまるで差し伸べるかのように下から生えています。しかもよく見ると全部左手です。

材質は見た感じ固そうですが、手だけ妙に柔らかそうです。

出典:プラネットウィズ1巻

貯金箱を思い浮かべるファンシーさですが、手と足が逆についています。また体は何か布のようなものに包まれているようで、とても柔らかそうです。

出べそと尻尾のハートがチャーミングです。

出典:プラネットウィズ2巻

まさかの複数体登場です。すべてで1個体だそうで、1つ中心となる兵器を壊せば残りも完全に消えて無くなります。

これはマンガだから笑ってすますことができますが、現実にいたら腰を抜かすこと間違い無いでしょう。

コメント