スポンサーリンク

虚無をゆくを考察|おねいちゃんは天田ユウにとってどんな存在なのか?子ども時代の恋をこじらせた男の愛の物語

この記事は約9分で読めます。

水上悟志先生の短編漫画の中でも最高傑作の1つと数えられる虚無をゆく。2018年1月に発売された水上悟志先生短編集「放浪世界」に収録されている全74ページの物語です。

単行本の半分にも満たないにもかかわらず、短さを感じさせないスケールの壮大さ、それでいてキャクターの内面奥深くまで入り込んだ描写の数々には本当に感動させられます。

虚無をゆくのテーマとしては、宇宙巨大ロボの戦い、正義の在り方、虚無と希望の分かれ目などいろいろありますが、私個人としては主人公の恋愛事情に大変興味が湧きました。

この物語は突き詰めると、子ども時代の恋をこじらせた男の愛の物語なのではないかと思うのです。

コミック約21万冊、無料読み放題約9,000冊のebookJapanはコチラ↓
スポンサーリンク

虚無がゆくの登場キャラクター紹介

天田ユウ

放浪世界より

主人公。少年の頃団地がこの世の全てで、団地の外は無限の虚無が広がっていると信じていた少年です。

初代天田ユウが地球を出発してからおよそ500年、怪魚の巣を発見しそれを滅ぼすことに成功したあと、肺の病気でこの世を去ります。

おねいちゃん(土屋アイ)

放浪世界より

クローンの天田ユウを育てる団地に住む女の子のロボットです。怪魚が現れるときはいつも天田ユウと一緒にいるなど、団地の中でも特別な存在です。

実はおねいちゃんは2人(2台?)いて、もう1人は安眠室(代々天田ユウが息を引き取る部屋)にいます。

サロ

放浪世界より

初代天田ユウに怪魚打倒を持ちかけた宇宙人‥‥ケイ素生命体です。団地の住人などロボット全般を酷く見下すような発言をします。

初代天田ユウ

放浪世界より

サロの話を聞き、怪魚打倒に立ち上がった地球人です。彼のせいで、代々天田ユウのクローンは怪魚と戦いながら宇宙を彷徨うこととなりました。

盤古

放浪世界より

頭部に都市級団地型居住区を擁する超大型宇宙船です。代々天田ユウのクローンが操縦します。住人の幸福と笑顔を力の源とし怪魚と戦います。

団地の住人

代々クローンの天田ユウが子ども時代を過ごすための団地に住む住人で、全員ロボットです。おねいちゃんも含め、とにかくクローンの天田ユウたちが幸せにする使命を帯びています。

スポンサーリンク

おねいちゃん(土屋アイ)とは

主人公の恋愛事情を語る上で、土屋アイの存在は欠かせません。彼女は天田ユウにとって特別な存在だからです。

おねいちゃんと言っても血が繋がっているわけではなさそうです。あくまでも、天田ユウが小さい頃から団地にいて、ずっとお世話になっていた年上の女の子だから、おねいちゃんなのでしょう。

ただ子どもの天田ユウがおねいちゃんに恋しているような‥‥たとえば頬を染めているとか、そういった描写は一切ありません。あくまでも、近所のおねいちゃん、といったふうです。

それでも、怪魚が現れた時には必ず一緒にいて、一緒のお布団で寝たりするなど、特別な存在であることは容易に読み取れます。

ただそれだけではありません。彼女はこの巨大ロボットさまざまな点で唯一の存在なのです。

ただ1人の戦闘機能を持ったロボット

サロが団地に現れた時、団地の住人のほとんどはサロを遠巻きに見ているだけでした。また天田ユウがサロに攫われた時も、サロに挑んだのは土屋アイのほかは、天田ユウの友人らしき男の子2人だけです。その2人も、戦闘機能はついていませんでした。

サロと戦ったのはおねいちゃん‥‥土屋アイただ1人です。もしほかの住人にも戦闘機能が付いていたら、他の住人も戦いに参加していたに違いありません。住人にとって、サロに攫われることは不幸なことだからです。

このことから、盤古の団地の中では戦闘機能を有しているのはおねいちゃんただ1人と言うことになります。

天田ユウが死ぬ時に一緒にいる

記録室にある秘密の通路を通ると、天田ユウの安眠室があります。おそらく四畳半程度の広さでしょう、畳に押し入れ、背の低いタンスに、陽の光が薄く入ってくるカーテン。それはかつて団地に住んでいた頃の天田ユウの寝室を再現しています。

そしてそこにおねいちゃんも。

彼女は、おそらくずっとそこにいるのでしょう。たまに、団地にいるおねいちゃんと同期している‥‥つまり記憶などを共有していると言うことなのでしょうが‥‥それでも団地にいるおねいちゃんとは別の存在です。

盤古にはおねいちゃんが2人いるのです。団地の他の友人や、団地で自分を育ててくれた両親などでもなく、おねいちゃんなのです。

このことからも、おねいちゃんがいかに特別かと言うことがわかるでしょう。

スポンサーリンク

おねいちゃんを「特別」に設定したのは初代天田ユウ

おねいちゃんを特別な存在に設定したのは果たして誰なのか?考えられるとしたら、初代天田ユウ、サロ、そしてそれ以外の誰か、です。そしてこの中で言えば、初代天田ユウが1番有力な候補でしょう。

団地には初代天田ユウの意向が大いに反映されている

サロがいうには、盤古の団地は初代天田ユウが育った環境を再現しているとのことです。とは言っても、過去を全て完璧に再現することなど不可能です。つまりこの団地には、初代天田ユウの主観、思い出補正が強くかかっていると推察できます。

そして主人公天田ユウの次の代が生まれた時、そばにいたのも母親とおねいちゃんでした。家族ですらないおねいちゃんが、です。

そしてそう設定をしたのは、初代天田ユウの意向が反映されていないはずがありません。つまり初代天田ユウが、おねいちゃんを特別に思っていたはずなのです。

スポンサーリンク

天田ユウが怪魚打倒の旅に出たのは現実のおねいちゃんが結婚してしまったから

初代天田ユウを見送る女性の正体

放浪世界より

初代天田ユウが怪魚打倒の旅に出るシーンがあります。サロの回想のシーンです。

ここで注目したいのが、雑踏に紛れる女性の画像です。上の画像を見ると、他のその他大勢が顔もなく、トーンが貼られているのに対して、メガネの女性だけただ1人顔があり、白抜きにされて目立っています。

明らかにこれは、初代天田祐の視点だと言っていいでしょう。であるならば、初代天田ユウは雑踏の中のこの女性ただ1人を見ていたということになります。

ではこの女性はだれか。

少なくとも、もしこの女性が初代天田祐の妻であるならば、女性はもっと悲しそうな顔をするのではないでしょうか。けれどもこの女性は、多少微妙な顔をしてはいますが、初代天田ユウとの別れを惜しんでいるようには見えません。

つまり旅立ちの時、この女性と初代天田ユウは他人ということです。

だとすれば誰なのか。

これこそ、かつて初代天田ユウが住んでいた団地のおねいちゃんだったのではないかと思うのです。そしてその腕の中には、赤ちゃん。

つまり、かつて好きだったおねいちゃんが既に結婚し子どもまで産まれていた。だからこそ初代天田ユウは自棄になってしまったのです。

盤古の団地は初代天田ユウの恋の世界

盤古の団地が初代天田ユウの意向を反映して作られたものなのだとしたら、初代天田ユウは自分の恋の世界を盤古の中に閉じ込めたのだと言えます。

そしてそこで繰り返される、自分のクローンとおねいちゃんとの生活。まだ恋とも気づかないような、それでもおねいちゃんと一緒にいたい、おねいちゃんを守りたいと願う子どもの天田ユウの気持ち。

それは初代天田ユウが、もはや決して取り戻すことができない世界、初代天田ユウが1番幸せだった世界です。

盤古はそこに住む住人の幸福度によって戦闘能力が変わります。幸福であるほど、盤古はその力を発揮するのです。そんな枷を聞いて、きっと初代天田ユウは自分が1番幸せだった頃の世界を盤古に封印したのでしょう。

初代天田ユウがサロに賛同したのは「盤古の力発揮の条件が搭乗者の幸福と笑顔」だったから?

初代天田ユウがサロに賛同したから、サロが盤古を提案した。はじめはそう思っていました。けれどもサロが盤古のことを話したから、初代天田ユウはサロの提案に乗ったのではないでしょうか。

つまり、

  1. 盤古による旅はとてつも長い旅になるため、初代天田ユウのクローンを延々と作り続ける必要がある
  2. 盤古は力発揮の条件が搭乗者の幸福と笑顔である
  3. 初代天田ユウのクローンは幸せの中で育つ必要がある
  4. 「盤古における幸せ」には自分の意向が反映される
  5. そうだ!おねいちゃんと一緒の世界を作って永遠にそれをエンドレスさせよう!

そんな発想です。

目的と手段が入れ替わっているわけですね。

サロの言う「怪魚打倒」を果たすために、自分のクローンにはおねいちゃんとの幸せを感じてもらう。

ではなくて、

好きだったおねいちゃんとの世界を作るために、怪魚打倒を引き受けた。

ということです。

だとすると初代天田ユウ、結構頭のネジがぶっ飛んでいますね。

安眠室で初代天田ユウは何を思うのか

放浪世界より

盤古には安眠室が設置されています。代々天田ユウが死期を悟った時に訪れる部屋で、そこにはかつて初代天田ユウが過ごしたであろう寝室を模して作られています。

そして、そこにはおねいちゃんが待っています。死を間近にして、恋していた女の子に看取ってもらうというわけです。

この仕組み、2代目以降の天田ユウにとってはとても幸せなことなのかもしれません。自分が幸せだった頃、自分の世界が団地とその外しかなかった頃の世界がその狭い部屋に詰まっているわけですから。

けど初代天田ユウだけは別です。

自らが設定した部屋で、自分は直接関わることがなかったおねいちゃんが‥‥そのロボットがそこで待っているのです。

初代天田ユウがここで死を迎える時、そこで待っているおねいちゃんとどんな会話をしたのか、正直想像もつきません。

次世代の天田ユウを頼む、と自分以降のクローンのことをお願いしたのでしょうか。

トラマド星が滅んだ時のサロのように、機械のくせに、と呪いを口にしたのでしょうか。

それとも、告白したのでしょうか。「前からずっと好きだった」とか‥‥。

スポンサーリンク

虚無をゆくの考察のまとめ

水上悟志先生の短編集、放浪世界に収録されている虚無をゆくについて、特に初代天田ユウの恋愛面にスポットを当てて語ってみました。

この作品、たった70数ページにもかかわらず、本当にたくさんのテーマが盛り込まれています。それでいてすべてを語らず、私たち読者にあれやこれやと想像する余地を存分に残していてくれます。

絶対に後悔はしませんので、是非とも一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

水上悟志作品はコチラ

タイトルとURLをコピーしました