スパリゾートハワイアンズをちゃんと楽しむために事前に知っておくべき3つのこと【福島県いわき市】

スポンサーリンク
おとうさんのひとりごと
Pham Trung KienによるPixabayからの画像

東北の地でハワイを楽しめると言うスパリゾートハワイアンズに行ってきました。ハワイアンズといえば蒼井優さん主演の映画「フラガール」の舞台としても有名で、蒼井優さんと山里亮太さんの結婚のきっかけにもなりましたね。

それはともかく、今回初めてハワイアンズに行ったわけですが、事前に知っておいた方がハワイアンズをより楽しめるな〜と言うことがいくつかありましたので、記事にしたいと思います。

チェックイン前からハワイアンズのプールが楽しめる!

https://kankou-iwaki.or.jp/spot/10165

ハワイアンズ各ホテルに宿泊を予定していると、どうしてもチェックインしてからでないとプールが利用できないように感じてしまいますが、それは間違いです。チェックイン前であっても、プール営業開始時間からプールを利用することができます。

時期によってプールの営業開始時間が異なり、例えば繁忙期なら8:30から、閑散期なら9:30から営業しています。まずは事前に公式ホームページの営業時間の案内をしっかりとチェック地しておくことが重要です。

スパリゾートハワイアンズの営業時間(公式ホームページ)はこちら

荷物は宿泊予定のフロントに預けておける

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

ハワイアンズ各ホテルに宿泊する場合、宿泊の荷物を各ホテルのフロントに預けておくことが可能です。ただしチェックインはあくまでもそのホテルの定める時間までできませんので、宿泊予定の部屋に入ったり、部屋のものを持ち出すことはできません。

チェックイン前からプール施設に入るときはの注意点!

通常ハワイアンズの各ホテルに宿泊する際には、タオルやサンダルは部屋のものを使えるわけですが、チェックイン前から入るとなると当然そういった部屋のものは使えません。自前で持って来る必要があります。

プールから上がってチェックインする際に体を拭くため、特にタオルはしっかりと用意する必要があるでしょう。またハワイアンズリゾートにはプールの他水着で入れる温泉施設も2ヶ所、素っ裸で入る温泉施設も1ヶ所あり、その施設間の距離もそれなりにあることから、サンダルも用意していると良いかもしれません。

コインロッカーはお金が戻らない!プールに行くときは最低限の荷物で

ハワイアンズのコインロッカーはお金が戻ってきません。戻ってきたとしても400円入れて100円しか戻ってこないなど、注意が必要です。そのためにも、荷物は最低限に済ませなければいけないでしょう。

もしホテルチェックイン前にプール施設を利用するようならば、タオルは持参で、サンダルは車から降りる時に履き替えて来るのがいいかもしれません。また後述しますが、できれば上着は持っておき、お金はなるべく持ち歩かず電子マネーを利用するとよいかと思います。

初日のお昼ご飯はハワイアンズで!食事処もいっぱい!

https://www.hawaiians.co.jp/asobu/

いわきにはたくさんの飲食店がありますので、ハワイアンズに行く前にお昼ご飯を済ませてしまおうと考える方も多いかもしれません。ただし、ハワイアンズの中にもたくさんの食事処があります。

プールサイドのピザやカレーやホットスナック、蕎麦屋、バイキング、飲み屋などかなり豊富で、それらを楽しむのもまた乙なものです。もちろんいわき市内の飲食店も事前にチェックして楽しみたいならばそちらを優先して構わないのですが、もし特にいわき市内の飲食店にこだわりがないのであれば、あえて昼食を取らずにハワイアンズを訪れ、施設内での食事を検討するのもいいかもしれません。

意外と寒い…?プールサイドの食事処

プールサイドでピザやカレー、フライドポテトなど楽しみたい時に注意なのが、意外と寒いということです。私が訪れたのが7月初旬で、たまたま気温が低い時期であったこともあるかもしれませんが、上着は必須でした。

特にチェックイン前にプールに泳ぎに来てプールサイドで食事を取ろうと思うなら、荷物から上着は取っておいた方がいいでしょう。

あると超便利!ハワイアンズ専用の電子マネー「CocoDa!Pay」は必須!

https://www.hawaiians.co.jp/cocodapay/

ハワイアンズでは、ハワイアンズ施設内のみ使用できる電子マネーシステムがあります。その名も「CocoDa!Pay」です。プールサイドの各売店の他、お土産屋さんやマッサージなどの料金もこれで支払うことができます。

事前にクレジットカード情報を登録しておけば、ハワイアンズ内でお財布を取り出さなくても、腕につけた「CocoDaバンド」をかざすだけで決済することが可能になります。水に濡れても大丈夫なシリコン製なので、濡れを気にせずプールや温泉に浸かることができます。

なお、このCocoDa!Payのクレジットカード登録はいつでも公式ホームページで手続きを行うことができ、登録完了後発行されるQRコードを各ホテルのフロントなどで見せることですぐにCocoDa!バンドをもらえることができます。可能ならばハワイアンズへの旅行が決まった段階で、クレジットカード登録を済ませておくとよいでしょう。

スパリゾートハワイアンズの電子マネー「CocoDa!Pay」についてはこちら

自動販売機ではCocoDa!Payが使えない

上述したCocoDa!Payでは施設内の自動販売機を利用することができません。売店のドリンクだとどうしても割高になってしまうため自動販売機を利用する方もいるかもしれませんが、その際には現金か他の電子マネーが必要になります。

だいたいはCocoDa!Payの他にSuiCaなどの交通系電子マネーか、iDやQUICPay、Edyなどを持ち歩いておけばまず問題はないかと思いますが、コインロッカーの利用を考えるとある程度は小銭も持ち歩いた方がいいのかもしれません(もしくは小銭はコインロッカー分だけにするとか)。

ハワイアンズの各アトラクションは別料金

https://kankou-iwaki.or.jp/spot/10165

ハワイアンズを存分に楽しむとなると、それなりにお金がかかります。プールや温泉などの利用料とは別に、ウォータースライダーなどのアトラクションにも料金がかかるのです。

3種のウォータースライダー料金

ウォータースライダーには「ワンダーブラック」「ワンダーリバー」「ワンダーホルン」の3種類があります。繁忙期でなかなか乗れない場合は別ですが、そうでないなら1日券を購入するのがオススメです。

[table id=5 /]

長さ日本一のスライダー「ビッグアロハ」料金

日本一の長さを誇る(2019年7月現在)ウォータースライダー「ビッグアロハ」は、上記の3種のウォータースライダーとは別料金となっています。また乗り放題のチケットも今(2019年7月現在)はまだ販売されていないようです。

[table id=6 /]

スパリゾートハワイアンズをちゃんと楽しむために事前に知っておくことのまとめ

プールや温泉の種類も充実しており、全てを遊びつくそうとなるととても1日や2日では終わらないスパリゾートハワイアンズ。けれどもちゃんと楽しむためにはそれなりに準備をしておいたり、知っておいた方がいいことがたくさんあります。

ここではホテルにチェックインする前からプールなどを楽しむためのコツや施設内での決済について、そしてプールのアトラクションの料金について紹介してきました。ここの他にもハワイアンズを紹介しているサイトは数多くありますので、是非とも事前にチェックし、楽しい旅にしてもらえればと思います。

コメント