進撃の巨人30巻のその後続きの考察。ミカサはあの時エレンになんと答えればよかったのか。

スポンサーリンク
マンガアニメゲーム

進撃の巨人最新刊(30巻)がつい先日発売になって、あまりにも続きが気になりすぎて久しぶりに雑誌を購入してしまいました。現在別冊少年マガジン1月号(12月9日発売)にて、2話先まで読むことができます。

毎回進撃の巨人最新刊が出ると、別冊少年マガジンにて進撃の巨人一挙2話公開されるんですよね。今回も例に漏れず123話、124話連続掲載となっています。

もしどうしても気になるという方はぜひ単行本を先取りして雑誌の方を読んでみてはいかがでしょうか。

↑DMMコミックレンタルで進撃の巨人1巻から最新刊までをチェック

ちなみにここから先はネタバレになりますので、ネタバレがダメな方はここで引き返していただければと思います。

進撃の巨人30巻の続き:123話「島の悪魔」のあらすじネタバレ

文明が発展している壁外に驚く調査兵団の面々。

車を見て大騒ぎするハンジやサシャ、コニーたち
出典:別冊少年マガジン1月号

進撃の巨人123話は過去の追想から始まります。エレンをはじめミカサ、アルミン、ハンジ、リヴァイなどいつものメンバーがマーレの国に潜入する場面です。

オニャンコポンの案内でアズマビトの屋敷まで向かいますが、その間自動車を見て驚いたり、アイスクリームに感動したり、田舎者丸出しです。皆ビシッとしたスーツを着ているのですが、それが逆に田舎者感を果てしなく増幅させているように感じます。

エレンが行方不明になった経緯が明らかに。

ひっそりと会場を抜け出すエレン
出典:別冊少年マガジン1月号

まず調査兵団が今回パラディ島を出てマーレを訪れた理由ですが、どうやら今回の国際討論会で初めて登壇する「ユミルの民保護団体」と接触し、世界との和平の道を探るというもの。けれども実際に国際討論会に登壇した「ユミルの民保護団体」の代表は、パラディ島に住む人々を世界の共通の敵として立てることで憎しみを1点に集中させ、各国に散ったユミルの民への迫害を止めようと訴えていたのです。

同じユミルの民でも悪魔でもパラディ島の人々は悪魔である、そう断言する団体とともに和平の道を探るなどできようはずもなく、全員が落胆します。そして演説の最中エレンはひっそりとその会場を抜け出すのでした。

エレンとミカサ。

オレは…お前の何だ?ミカサに問うエレン
出典:別冊少年マガジン1月号

この回で1番の見どころはやはり、エレンとミカサの、たった3ページ程度の会話の場面でしょう。エレンがミカサに問いかけます。「…お前はどうして…俺のことを気にかけてくれるんだ?」

画像(オレは…お前の何だ?)

ミカサがとても顔を赤らめています…珍しいミカサの女性の顔ですね。そしてミカサはこう答えるのです…「家族」と。

この時のことを思い出すミカサ。

結果は違っていたんじゃないか、と地鳴らしを見ながら過去を振り返るミカサ
出典:別冊少年マガジン1月号

地鳴らしが始まり、超大型の巨人が一斉に歩き出すところを眺めることしかできない中、ミカサはこの会話の場面について思い出します。もし自分があの時別の答えを選んでいたら、結果は違っていたのではないか?と。

コメント