インクジェットプリンターの人気、おすすめは?リモートワークが広がるにつれ需要が増大中!

スポンサーリンク
ビジネス・転職
andreas160578によるPixabayからの画像

新型コロナウイルスの影響でここのところリモートワークが増加していますね。おかげで自宅の仕事環境を整える機会もまた増えてきたように感じます。

自宅のリモートワークの環境を整備する上で欠かせないものの1つとして、プリンターがあります。各種書類の印刷の他に、スキャン機能やコピー機能、場合によってはFAXすらも求められるようになっています。

ということで今回はプリンター、特に家庭用で利用しやすいインクジェットプリンターについて紹介します。

インクジェットプリンターとレーザープリンターの違いは?

主にインクジェットプリンターは家庭向け、レーザープリンターはビジネス向けとされていましたが、果たしてそれはどんな理由からでしょうか。両者の違いとともに解説しますよ。

インクジェットプリンターは画質が繊細で安価

インクジェットプリンターは、インクの粒子を用紙に吹き付けて印刷する仕組みです。そのため画像の解像度が高く、繊細な色味を出したり、コントラストの表現も強く、写真の印刷にも向いています。

また何より本体の価格が安く、印刷1枚あたりのコストも低めです。消費電力も少ないことで知られていますね。

欠点としては印刷物が水に弱いこと、そして印刷スピードが遅いことです。

レーザープリンターは速度が速くはっきりとした印刷

レーザープリンターはトナーパウダーという樹脂の粉を熱で溶かして紙に定着させ印刷させます。インクを吹き付けて印刷するインクジェットと違い、熱でしっかりと紙に色を定着させるので、印刷物が汚れにくいというメリットがあります。

レーザープリンターで印刷された印刷物は擦れてもインクが汚れないですし、蛍光ペンなどでマーカーしても滲むことはありません。印刷スピードも速いため急いでいる時にも便利です。

欠点は本体もランニングコストも高くなること、そして機器自体が大型である事が多く、置き場所に困ることです。

インクジェットプリンターは何を基準に選ぶ?

A3かA4か

https://pixabay.com/

対応している用紙を考慮することは非常に大事です。自分が使う用紙がA4サイズまでであれば、まずどのプリンターでも対応しているので問題ありません。

問題はA3用紙まで利用する事ことがあるかという事です。A3まで印刷できるプリンターはそれほど多くはありませんので、必要となる場合には十分に注意して検討すると良いでしょう。

複合機かプリンターのみか

https://pixabay.com/

複合機とは、プリンターの他にコピー機能やスキャン機能、場合によってはFAX機能までついているものです。それらの機能が必要ならば複合機の購入を検討するべきです

ただし複合機は価格が高めですし、本体のサイズも大きくなりがちです。書類の印刷くらいしか使いどころがないようであれば、むしろプリンター飲みのものを購入した方が、導入コストもランニングコストも安くなることを覚えておくと良いでしょう。

両面印刷が可能か

https://pixabay.com/

両面印刷ができないプリンターだと、1度片面を印刷した後、再度紙を裏返してセットし直し、印刷し直す必要があります。両面印刷機能があるプリンターならば、1回の印刷で表裏同時に印刷する事ができます。

両面印刷する機会が多いならば、絶対に両面印刷対応のプリンターを選ぶべきでしょう。

画質にこだわるか、インクは何色にするか

https://pixabay.com/

カラーデータの画質にこだわるなら、インクが何色かは注意して見ると良いでしょう。ブラック、シアン、マゼンタ、イエローの4色が基本ですが、さらに色が追加された5色、6色なんてものも存在します。

当然ながら色数が多い方がきれいな画質を再現できますので、画質にこだわるなら色数を考慮しましょう。

インクカートリッジは大容量がおすすめ

https://pixabay.com/

インクジェットプリンターで何より1番コストがかかるのはインク代です。プリンター自体は正直とても安く、手軽に手に入るのですが、このインク代がなかなかバカにできません。

インク代をなるべく抑えたい人なら、大容量タンクインクのものを検討するべきです。大容量な分コストが割安で、しかも交換頻度も減らす事ができますからだいぶ楽になるでしょうね。

インクカートリッジは各色別々なものを

https://pixabay.com/

インクジェットプリンターのインクカートリッジは、カラーのカートリッジが3色1セットになっているものがあります。3色1セットということは、シアン、マゼンタ、イエローのうち1つでもインクが無くなったら、ほかの2色が残っていても交換しなければいけなくなります。

そんな無駄なことってないですよね!もしこれからプリンターを購入する際には、インクカートリッジは各色ごと独立しているものを選ぶべきです。

Wi-Fi対応・スマホ対応

https://pixabay.com/

ケーブルを繋がなくともWi-Fiで印刷データを送信して、プリンターで印刷をかけられる機能を持つプリンターが数多く存在します。むしろ今やWi-Fi機能を持っていないプリンターの方が少ないのではないでしょうか。

またスマホ対応も忘れてはいけません。印刷データの送信のほか、プリンターのリモコンのように使ったり、スキャンしたデータをスマホに保存できるタイプのものもあります。

自宅での利用シーンをよくよく考えて検討すると良いでしょう。

メーカー別インクジェットプリンターのおすすめランキング

インクジェットプリンターのメーカーの有名どころは3社です。エプソン、キヤノン、そしてブラザーです。3社そこまで画質など大きな違いはありませんが、機能や操作性、インターフェースなど複合機においては結構違います。どれが1番使いやすいか、よくよくみておく必要がありそうですね。

エプソンのインクジェットプリンター人気おすすめランキング3選

エプソンのインクネットプリンターについて、代表的な3機種について紹介します。写真の画像の良さについて定評があります。

Colorio EP-882AW/AB/AR

機能:A4、カラー、プリント、コピー、スキャン、6色、スマホ対応、Wi-Fi対応、自動両面印刷

エプソンのインクジェットプリンターColorioシリーズの中でも特に高い機能を持つ機種です。写真プリントの質が非常によく、失敗写真や逆光写真などもきれいに印刷してくれると評判です。

エコタンク搭載モデル EW-M752T

機能:A4、カラー、プリント、コピー、スキャン、5色、スマホ対応、Wi-Fi対応、自動両面印刷

ランニングコストが安いエコタンク方式のプリンターです。1年間でA4コピー用紙を500枚以上使う、もしくはインクカートリッジを1セット以上使う人はこちらが安く済むようです。

Colorio EP-306

機能:A4、カラー、6色、スマホ対応、Wi-Fi対応、自動両面印刷

コピーやスキャン機能を排した分画像が良く、写真の印刷などにも適しています。小型で置き場所にも困りにくいとも言われていますね。

キヤノンのインクジェットプリンター人気おすすめランキング3選

キヤノンのインクジェットプリンターについて、代表的な3機種について紹介します。書類がはっきりときれいに印刷できると評判です。

PIXUS XK60

機能:A4、カラー、プリント、コピー、スキャン、6色、スマホ対応、Wi-Fi対応、自動両面印刷

キヤノンColorioシリーズのハイエンドモデルです。特にスマホでの使いやすさを追求しているようで、LINEやMessengerからメッセージを送る感覚で直接プリントできる点が魅力です。

PIXUS G6030

機能:A4、カラー、プリント、コピー、スキャン、FAX、4色、スマホ対応、Wi-Fi対応、自動両面印刷

ランニングコストのダウンを実現するギガタンク搭載複合機です。FAXも搭載し、高機能を実現しています。

PIXUS TS3330

機能:A4、カラー、プリント、4色、スマホ対応、Wi-Fi対応

プリントに特化したインクジェットプリンターです。本体価格は安く、スマホとの連携もそこまで強くはないですが、解像度はハイエンドモデルと同等とされています。

ブラザーのインクジェットプリンター人気おすすめランキング3選

ブラザーのインクジェットプリンターの紹介です。コスパと印刷スピードの速さが人気です。

HL-J6000CDW

機能:A3、カラー、プリント、コピー、スキャン、4色、スマホ対応、Wi-Fi対応、自動両面印刷

ブラザーのハイエンドスペックモデルのインクジェットプリンターです。画質よりも使い勝手を優先しているところがあり、A3サイズまで対応、USBからのダイレクト印刷など様々な機能を有しています。

MFC-J6999CDW

機能:A3、カラー、プリント、コピー、スキャン、FAX、4色、スマホ対応、Wi-Fi対応、自動両面印刷

もはや事務所に置いてあるレベルのビジネスユーズのインクジェットプリンターです。大容量インクカートリッジによる低コスト、A3対応、3段カセット、多目的トレイなど搭載しています。ここまで来るともはや家庭用ではないですね。

DCP-J582N

機能:A4、カラー、プリント、コピー、スキャン、4色、スマホ対応、Wi-Fi対応、自動両面印刷

ブラザーのインクジェットプリンターの中ではローエンドモデルに分類される機種なものの、スマホ対応やコピー、スキャン対応など、広い用途で使う事ができます。

まとめ

新型コロナウイルスの影響もあり、家庭でプリンターを購入する機会が格段に増えてきているようです。今回は特にエプソン、キヤノン、ブラザーの3社のインクジェットプリンターについてランキング形式で紹介してきました。

もしインクジェットプリンター購入の予定があるなら、是非とも参考にしてもらえればと思います。

コメント