スポンサーリンク

魔法陣グルグル2の最新刊14巻のあらすじネタバレと感想|元魔王がククリのことを好きすぎてつらい

この記事は約12分で読めます。

魔法陣グルグル2の最新刊14巻が発売されました。次々と懐かしいキャラが登場してくる魔法陣グルグル2ですが、ジュジュトマだけではなく、無印グルグルの人気キャラ、盗賊団のお頭も登場し、さらに懐かしい顔ぶれが揃ってきました。そして何より、待ちに待った元魔王とククリがパーティーを組むことになります!

どうも、まんが大好きなさめきちです。

今回は魔法陣グルグル2の最新刊14巻のあらすじネタバレと感想を紹介します。

魔法陣グルグル2の無料試し読みはコチラ
スポンサーリンク

魔法陣グルグル2の13巻までのあらすじを振り返り

タテジワのツボを求めて

魔王退治の旅に出たニケとククリですが、旅の途中、魔王が入れ替わってしまいます。はじめは魔王はミグミグ族の女の子でした。その魔王がその地位から失墜したのち、それまでククリたちと旅をしていた魔法使いの女の子デキルコが新たな魔王となりました。

けれどもデキルコはだいぶ飽きっぽいようで、すぐにその座を降りてしまいます。次に魔王の座についたのは、なんと無印グルグルで永遠の雑魚キャラ、タテジワネズミです。

けれどもタテジワネズミはだいぶものの管理が悪いようで。魔王になれるアイテムタテジワのツボをなくしてしまいます。かくして、新たな魔王が登場しないよう、魔物たちより先にタテジワのツボを取り戻すべく、ニケたちは旅を続けます。

元魔王の妨害

ミグミグ族元魔王はどうも同じミグミグ族ククリが気になるようで、ことあるごとにククリの邪魔をします。魔法を使うと世界のトイレのドアが開いてしまう呪いをかけたり、勇者を魔物にしてしまったり。

そして今度の呪いはパーティーシャッフル。いつの間にかククリたちは他のパーティーのメンバーと入れ替わってしまい、離れ離れになってしまいます。

一方、ククリに嫌がらせをしていたミグミグ族元魔王、カヤの助力を得て新たな魔王となることを目指すレイド、そして未だ姿を表さない本物の魔王と言われるセイフクンチョのためにツボを探しにくる魔物たちもいます。

果たして、それぞれの意志や野望、思惑を胸に、各勢力がタテジワのツボを求めてエルジュへと集結するのです。

スポンサーリンク

魔法陣グルグル2の14巻のあらすじネタバレ

各勢力がエルジュに集結

合流したククリジュジュは、エルジュで魔物の大群と遭遇します。そしてそれを率いる中ボス的な魔物デグーロ。ククリとジュジュは敵に囲まれ絶対絶命のピンチに晒されます。

けれどもそれを救ったのが、魔物に姿を変えて魔物の集団の中に紛れ込んでいたトマでした。

トマ「お待ちを、デグーロ様。トマっていては敵に先を越されますな」

魔法陣グルグル2 14巻

何気にギャグ(?)を挟んでくるトマ。けれどもククリは、助けてくれたことよりもそのトマの体が気になって仕方がありません。

ククリ「どうなってるの?トマくんよね、あれ。いったい何を食べたらあんな見事なムキムキの体に」

魔法陣グルグル2 14巻

そう、魔物に姿を変えたトマは、顔だけトマのまま、体がとてもムキムキになっていたのです。

さらにはその場に、魔物の姿になったニケ盗賊団ガバのお頭も到着します。ニケはミグミグ族の元魔王の呪いで、お頭は以前アヒルになってしまった後遺症で、それぞれ自我を失った状態でククリたちのもとに集結。

次いで元魔王レイドたちも到着し、状況は乱戦状態に突入していきます。

呪いが解ける!

エルジュに眠る魔神が復活します。魔神といえば、ミグミグ族にとっては魔力を大幅に上げてくれる存在です。となればククリ大逆転かと思われたその時、なんとその魔神の力を得たのは元魔王の方でした。

元魔王「ククリちゃん、グルグル使いなのにここに魔神がいるって予感なかったの?あたしはこれを待ってました。ハイ これはもう勝ち確ゥ〜〜〜」

ジュジュ「やられたわねクーちゃん。『よこどり』はあの子の得意技だって知っていたのに‥‥っ!!」

魔法陣グルグル2 14巻

魔神の力を得た元魔王の魔法はとても強力でした。魔物の集団を圧倒し、カヤ(とレイド)を押し返し、あっという間にその場でただ1人の勝者として君臨してしまったのです。

ただそこで元魔王にも想定外なことが起きてしまいます。なんとククリたちにかけたパーティーシャッフルの呪いが発動してしまい、元魔王がククリたちのパーティーに加入してしまったのです。

元魔王の呪いは強力ゆえに、元魔王自身もその力に抗うことができません。そして同じパーティーになったククリのお願いを、聞かないわけにはいかなくなってしまったのです。

ククリ「みんなを元通りにして。あとおつきさまを元に戻してくださいね!!」

魔法陣グルグル2 14巻

カンタンでしょ、とククリは笑顔で迫り、元魔王にはそれを断ることができません。果たして、夜にニケが魔物になってしまう呪いは解け奪われたお月様が空に戻ってきたのです。

あれだけ世界中を悩ませてきたおつきさまの問題が、あっという間にあっさりと解決してしまったのです。

魔王ちゃんとの3日間

元魔王がククリの仲間になって、しばらく一緒に旅をします。10巻や12巻でもククリと元魔王の絡みがありましたが、やはり同じミグミグ族同士だからでしょうか、何かと息が合うんですよね。

それからククリと元魔王はいろんな魔法陣をおじいさんに見せましたが、なかなか判明しませんでした。

でもとても楽しくて、このまま見つからなければいいのにとおもっちゃったり。ごめんなさい。

魔法陣グルグル2 14巻

グルグルを忘れてしまったというおじいさんのために、ククリと元魔王2人でいろんな魔法陣を描いた時のナレーションです。2人ともとてもいい笑顔なんですよ。これが。まるでずっと前から友だちだったかのように。

けれども元魔王は不意にいなくなってしまいます。魔法合戦をしているさなか急に、一緒にいた人たちの自分に関する記憶を全て消してしまって、忽然と姿を消してしまうのです。

そして元魔王のことを思い出せないまま、一行は新たな旅へ出発することになるのです。

ククリ「もう1人パーティーにだれかいたような‥‥とても大事なおともだち‥‥」

キタキタ「わしですぞ」

ククリ「あなたじゃない」

魔法陣グルグル2 14巻

キタキタおやじの主張がとても残念です。

カラハコの森の冒険

魔物に対抗できる宝が眠っているらしいというキタキタおやじの情報を受けて、ニケククリトマそしてキタキタおやじカラハコの森へと入ります。なおジュジュは少し前にパーティーを離脱しています。

カラハコの森ではなんとも不思議な現象に出会います。どこからともなく変なツッコミが入ったり、穴に落ちたククリを誰かが助けてくれたり。けれどもククリはなかなかその人を思い出すことができません。まるで不思議な力が思い出すことを妨害しているようなのです。

ニケ「そういや誰に呪いをかけられていたんだっけ?カヤだっけ?あれ、なんで思い出せないんだこんなこと‥‥」

ククリ「目を隠して強い‥‥そんな子がいたような?」

魔法陣グルグル2 14巻

けれどもその知らない誰かは確実にニケたち、正確にはククリのあとをつけて回っているようなのです。

スポンサーリンク

魔法陣グルグル2 14巻の見どころ

ここからは個人的に、魔法陣グルグル2 14巻の見どころや感想を紹介します。

とにかく前半は元魔王がかわいい!

14巻の前半はとにかく元魔王が大活躍します。ククリよりも素早く魔神の存在に気づき仲間にしてしまったり、けれども元魔王自身の呪いによって逆にニケにかかった呪いを解くことになってしまったり。

また元魔王が仲間になって、ククリがとてもうれしそうです。

ククリ「魔王ちゃん!もう悪いことはやめてあたしたちのパーティーに入ろう!」

元魔王「もう入ってるよ!」

ククリ「じゃなくてこれからもずっと!」

魔法陣グルグル2 14巻

けれどもそれ以上に、元魔王もまたとてもうれしそうです。

元魔王「『勇者様もう龍にならないのかな、つまんない』‥‥って思ってるよね!」

ククリ「えっ、そんなことっ、思ってなんか‥‥」

ジュジュ「正直あるよね〜」

魔法陣グルグル2 14巻

ククリやジュジュと冗談を交わしたり、たまに少しけんかをしたり。完全に、ククリたちと元魔王の楽しそうなところを愛でるためのシーンが満載なのです。

息もぴったりだし、本当にこのままずっと仲間になってるんじゃないかと思うくらい、とても仲がいいのです。けれどもそれはあっさりと解消されてしまいます。元魔王が姿を消してしまうからです。それもみんなの記憶から自分を消してしまって。

元魔王、なんでそこまで頑なにククリとパーティーを組むことを拒むのでしょうね。

元魔王は本当にククリが大好きすぎ!

「あたしね、ホントはすご〜くさびしくてみんなの気を引こうとするの」

「ククリちゃんのことだーい好きよ。本当に大好き!」

魔法陣グルグル2 14巻

元魔王がククリたちのもとを離れる際に、最後にククリに語りかけた言葉です。なんとなく、ここまでの流れでそうじゃないかなとは思っていましたが、ここまではっきりと言葉にするのは初めてですね。

そしてご丁寧にククリたちの記憶から自分を消してパーティーを離れたにもかかわらず、元魔王はククリたちの後をつけていきます。時にツッコミを入れたり、時に助けたり‥‥。

「なんとなくあとをつけるとか何をやってんのあたしは!まあ何が気になるってワケでもないないんだけど。ヒマだからね!」

「思い出して欲しいとか‥‥」

魔法陣グルグル2 14巻

ああ、やっぱりそうなんですね。ひねくれているというかなんというか。それとも何かククリと一緒にいてはいけない理由でもあるのでしょうか。一緒にいるとなにか問題が‥‥?

ただなんとなくですが、元魔王は本当にただ単に、誰かと仲良くするのが苦手というか、ひねくれているだけのような気がしますが。

それはともかく、是非ともククリにはちゃんと元魔王のことを思い出して欲しいものですね!思い出しそうな描写は結構あるのですが。

スポンサーリンク

魔法陣グルグル2の最新刊14巻のあらすじネタバレと感想|元魔王がククリのことを好きすぎてつらいのまとめ

魔法陣グルグル最新刊14巻のあらすじネタバレと感想を紹介してきました。とにかく今回は、ククリと元魔王のイチャイチャを愛でる巻と言っていいでしょう。けれどもだからこそ、後半なぜ元魔王がククリのもとを去ったのかが気になるところです。

まあ今後もきっと、ククリと元魔王の関係にスポットが当てられて物語が進行していくのでしょうね。そのためか、若干ニケの存在感が薄いのがまた笑えますが。

それと存在感が薄いと言うなら、本当にいるのかどうかも分からない、物語の端々で語られる真の魔王、セイフクンチョについても気になります。今回はめちゃくちゃテキトーなビジュアルで登場していましたし。

ともかく今後も続きが気になります。もしまだ読んでない人はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

魔法陣グルグル2の無料試し読みはコチラ
タイトルとURLをコピーしました