感動する!笑える!懐かしいあの魔法陣グルグルの名言・迷言集32選!

スポンサーリンク
マンガアニメゲーム

感動する、笑える魔法陣グルグルの名言・迷言を紹介

1992年より月刊少年ガンガンにて連載されていた魔法陣グルグル。2003年までの約10年間で全16巻、1200万部以上発行されていた伝説のRPG漫画です。

当時にしては既存のRPGを皮肉った内容、どうしようもなく怠惰だけれど優しい主人公、そして絵本を彷彿とさせるような柔らかい印象のファンタジー感が話題を呼び人気を博しましたが、何よりその世界観を形作っていたのはやはり独特のセリフや言い回しだったのではないでしょうか。またその人気は衰えることなく、2012年から現在まで魔法陣グルグルの正統な続編、魔法陣グルグル2も連載されています。

そこでここでは、無印の方の魔法陣グルグルの名言・迷言を特集していきます。

魔法陣グルグルの名言・迷言その1:オレやだからね

魔王ギリの復活にあたり、コーダイ城から勇者の募集のおふれが出ました。息子をどうしても勇者にしたいバド(40)は張り切って息子のニケの元に走ります。

若い頃に勇者になりたかったバドは、肝心の魔王がおらず泣く泣く勇者になることを断念したと言うのです。それを知っているニケとしては、もはや親父が何かを言う前に先手を取って拒否しようとしたわけですが…全く意味はなかったようです。

オレやだからね
魔法陣グルグル 1巻より

まさにニケという主人公を代表する名言(迷言)でしょう。

魔法陣グルグルの名言・迷言その2:ただし……1ヶ月の場合魔法は尻から出る!

非常に有名な魔法陣グルグルの名言(迷言)。魔法陣グルグルのレベルアップを図るべく闇のラジ二のもとで修業をすることになったククリ。

半年もかかる修業にもっと早くできないの?と迫るククリ。それに対してラジ二の返答です。

ただし、魔法は尻から出る
魔法陣グルグル 2巻より

ちなみに、この1ヶ月コースを選び魔法が尻から出る人たちが魔法陣グルグル2の9巻に登場します。「まさかあの1ヶ月コースを選んだ人がいるとは?!」とククリも読者も驚きの伏線回収となりました。

尻から稲妻
魔法陣グルグル2 9巻より

魔法陣グルグルの名言・迷言その3:オレたちよりタチの悪い呪いみたいだぞ

村全体が呪われていたアッチ村にてヤケクソに行われたダンス大会。可愛い踊り子も皆呪われて散々なダンス大会において、呪われていない勇者ニケは多大な期待を背負って舞台に上がりました。

しかし実際に踊ってみると、呪われているアッチ村の村民たちよりもさらにタチの悪い呪いがかかっているのかと思われるくらいにひどいものでした。

呪われていないニケの呪われた踊り
魔法陣グルグル 4巻より

ちなみに、かわいく素敵な踊りを披露したククリがぶっちぎりで優勝したわけですが、優勝の景品である呪われた村長の像はこっそりと村へ置き去りにしたのでした。

呪われたアッチ村の村長像
魔法陣グルグル 4巻より

魔法陣グルグルの名言・迷言その4:なつかしい気がする…むねがきゅ~~っと…

ネコジタ谷の冒険の際に偶然発見した家は、ククリが赤ちゃんの頃に住んでいた家でした。はっきりとは覚えてないものの、おぼろげに感じる懐かしさにククリは切ない気持ちになるのですが、そんな心の機微を繊細に表した詩的な名言です。

なくしたはずの思い出がみつかるのってどんなきもち…うとうととねむりかけた時に似てる…胸がきゅ〜っと…
魔法陣グルグル 5巻より

誰もが一度は子どもの頃に感じたことのある不思議な感覚を、うまく言葉で表しているなぁと感心してしまいます。

魔法陣グルグルの名言・迷言その5:ミグミグ族のククリじゃなくて…

きりなしの塔をクリアした勇者ニケの一行は新たな大陸に旅立ちますが、その際にククリは今まで来ていたミグミグ族の服から、いつもの黒いローブに着替えます。さりげないククリのアプローチを示す名言なのですが…ニケはまったく気づいてくれません。

ミグミグ族のククリじゃなくて、これだと勇者様のパーティの一員ってかんじがするの
魔法陣グルグル 7巻より

魔法陣グルグルの名言・迷言その6:つぎはどこにいったらいいかわからん

悪い大臣と魔族に支配されていたコパール王国を救ったのち、勇者ニケとククリは意気揚々と旅立ちます…が。かっこよくコパール王国を後にしたものの、次にどこに行けばいいのか全くわかりません。

ノーヒントで旅立ってしまった〜
魔法陣グルグル 8巻より

けれども戻ってどこに行けばいいのか聞くなんて、かっこ悪くてできるわけがありません。でも確かに、昔のRPGって意外と、次どこに行けばいいのかわからないってこと多かったように思います。

魔法陣グルグルの名言・迷言その7:くそばか

エッチな魔族ケベスベスにパンツ一丁にさせられたジュジュの怒りの一撃です。しかも全然エッチではありませんでした。

くそばか
魔法陣グルグル 10巻

魔法陣グルグルの名言・迷言その8:いいのいいの、「失敗」って自由な証拠だろ?

自分で自分だけの魔法陣を描こうとするも失敗続きで落ち込むククリに、ニケはさらりと言い放ちます。ただの一言でククリの悩み一瞬にして吹き飛ばすあたり、さすがとしか言いようがありません。

ありがとう、怖くなくなった。もう解決したのか?
魔法陣グルグル 11巻より

魔法陣グルグルの名言・迷言その9:ひきょうが一番…。

服飾職人を目指すミウチャがククリの影響で自分のやりたいこと見つけたとてもいいシーンなのですが、ニケの迷言で台無しになります。卑怯な手を使ってギリ軍の魔物を倒すことができたわけですが…

服が好き…。もっと作りたい…。
魔法陣グルグル 13巻より

これはひどいですね。

ひきょうが一番…。
魔法陣グルグル 13巻より

魔法陣グルグルの名言・迷言その10:エッチな言葉だと思ってました

小さい頃からグルグルと言う言葉について、言ってはいけない言葉として教えられてきたニケ。そのため意味はわからないながらも漠然と、エッチな言葉だと思っていたそうです。

グルグル、それはこの村ではいってはならぬ言葉
魔法陣グルグル 1巻より

確かに子どもの頃、そういうことありましたね。

魔法陣グルグルの名言・迷言その11:オレは…何やってるんだろう…

コーダイ王に捉えられたところを助けられ、闇魔法結社に連れてこられた勇者ニケとククリ。闇魔法結社においてククリは神様として崇められていたのですが、ニケはなんだか分からないということで、「なんだか分からない堂」というところで祀られることになります。

ニケくんのなんだかわからない堂
魔法陣グルグル 2巻より

本当に全く何をやっているのかわかりません。

魔法陣グルグルの名言・迷言その12:どうしよう、久しぶりに会ったら~…

どうしよう、久しぶりに会ったら、こんなにも勇者様スキスキ。やーもうスキスキすぎて顔見れなーい
魔法陣グルグル 3巻より

半年の修業の時を経て勇者ニケと再開したククリ。これまで会えない分妄想パワーを炸裂させていただけに、勇者様のスキスキポイントがMAXを超えてしまっていたようです。なお、ちょうどボス戦だったということもあり、ククリの心象風景は上のような状態でしたが、実際のところは下図のような状況でした。

人のマタの下でなにやっとんじゃい!
魔法陣グルグル 3巻より

魔法陣グルグルの名言・迷言その13:あたしは……きれいな服は着れないし……あたしのアタックだ~~っ!

妖精の村の村長より山の魔物退治を依頼された勇者ニケとククリ。冒険の最中散々妖精たちに「ニケくんにアタックしないの?」と詰められるククリですが、ククリとしては勇者パーティの魔法使いククリなんですよね。

魔物に襲われた際にククリは心の中で叫びます。

あたしは…きれいな服は着れないしっ、闘いながら旅してるんだもん、アタックなんかできないっ
魔法陣グルグル 4巻より

「でもいいんだもん」

「あたし魔法使いだからっ」

「魔法で勇者様を守るの。それが…」

「私のアタックだ~~っ!」

魔法陣グルグル4巻より

まさにこの時のククリの涙が全てを物語っているというか…魔王ギリを倒すと言う使命とニケへの恋心の間で揺れる切ない気持ちが溢れている名言です。

魔法陣グルグルの名言・迷言その14:勇者様!ククリわかってたから…いつもみてるから

きりなしの塔攻略イベントの前に大神官ガタリの啓示を受けレベルアップした勇者ニケとククリ。そんなハイテンションな流れから、ククリがニケに自分の気持ちを伝えます。

「…勇者様!」

「ククリ、わかってたから。勇者様はどんどんつよくなるって…だって毎日レベルアップしてるもん」

「セのびたよね、れべるあっぷ!」

「さいしょはおなじぐらいだったけど…いつククリを追い越したか知ってる?

魔法イングルグル 5巻より
いつもみてるから。きゃ〜
魔法陣グルグル 5巻よりより

別に魔法陣を使わなくてもだいぶ積極的にアタックしています。

魔法陣グルグルの名言・迷言その15:こういう方法もある

ククリが悪魔化してしまったことを受け、ニケに恋愛指南する魔法使いデリダの名言(名シーン)です。彼はものすごく怪しい顔をしてはいるのですが、魔法陣グルグルのオヤジキャラの中では特にまともで、言うことにも説得力があります。

こうやって心の中に入ればいいのか?ますますいやがられるんじゃないの?
魔法陣グルグル 10巻より

ニケが「あまり心の中に入って行ったら嫌がるのでは?」という質問に対して、

こういう方法もある
魔法陣グルグル 10巻より

「女の子には優しくしてあげなきゃ。キミは単に接し方がわからないのだよ」と諭します。そこで初めてニケは、今まで目を背けてきた問題に向き合うことになるのです。

魔法陣グルグルの名言・迷言その16:すきです、ククリをおよめさんにしてください

ジュジュに悪魔払いをしてもらったククリは、自身の夢のパワーを炸裂させ、ギリ軍の魔物を追い払います。そして見事魔物たちを追い払ったその勢いで、ククリはニケに堂々と告白してしまうのです。

すきです。ククリをおよめさんにしてください
魔法陣グルグル 10巻より

しかしこれはククリの夢の姿で、本物はパンフォスに眠ったままなのでした。この告白が夢ではなく現実で行われ、そのパワーが夢に止まらず現実にまで大きく影響を与えるほどになっていれば、魔王ギリを倒せたかもしれなかったとのこと。

ミグミグ族のはちゃめちゃなパワーを思い知らされたイベントでした。

魔法陣グルグルの名言・迷言その17:ギリってダレ?

ギップルより魔王ギリが完全に復活したとの情報を得た際のニケの迷言です。今までなんのために戦ってきたんだよと突っ込みを入れたくなるシーンです。

ギリってダレ?
魔法陣グルグル 14巻より

しかもククリも後ろで蝶々と戯れてるし。もともと規格外のパーティだと言うことは前から分かってはいましたが、まさかここまでとは…と感じます。

魔法陣グルグルの名言・迷言その18:肩ぐるまして後ろ向きに…

囚われたククリたちを助けるためノコギリ山のダンジョンに侵入した勇者ニケたちですが、その最中ボスの弱点を知り得ることに成功します。そこで弱点を突くべく突入したわけなのですが、その弱点というのが…

「肩ぐるまして後ろ向きに乗り2本のごぼうを持った歌舞伎顔の男」

肩ぐるまして後ろ向きに乗り2本のごぼうを持った歌舞伎顔の男
魔法陣グルグル 1巻より

本当は違うのです。でも、長くて誰も覚えていられなかったのですね。

魔法陣グルグルの名言・迷言その19:ここのばばあはよいばばあ~~…

ひょんなことから、一人暮らしの口うるさいおばあさんの家の手伝いをすることになった勇者ニケとククリ。寂しい(のかもしれない)おばあさんを励ますため、ククリに後押しされニケは木の上から歌を歌います。

子どもにやさしくかねもちだ〜
魔法陣グルグル 3巻より

もちろん、その後おばあさんにはガッツリ怒られます。

魔法陣グルグルの名言・迷言その20:ハ~ッハッハッ生きていたとはな…

死んだと思っていた勇者ニケとククリ、そしてその一行と鉢合わせしたレイドはとっさにかっこいいセリフを履こうとするのですが…

2度あることは眠れる王者から金の台座を!
魔法陣グルグル 6巻より

この迷言です。この辺りレイドの3枚目さがいい具合に出ていますが、それに対抗してニケもまたひどい。

2度とやられるわけもなく聖なる大宇宙を!
魔法陣グルグル 6巻より

この辺り、実は2人は似た者同士なのかもしれませんね。

魔法陣グルグルの名言・迷言その21:鳥を待つんじゃなくて…鳥を見に行くの!

ジュジュが初めて作中で心の内を語る名言です。非常に多くのしがらみに縛られて、それをただ受け入れるしかなかった立場のジュジュですが、やっと意を決して、初めて自分の意思で旅立とうと決意しました。

ジュジュの胸の内
魔法陣グルグル 7巻より

余談ですが、この時胸の内を明かした最初の人が、ただの変態と思われていたニケの剣の師匠ゴチンコです。なんだかんだ言ってジュジュはゴチンコのことは信頼しているんですね。

変態のゴチンコ
魔法陣グルグル 2巻より

魔法陣グルグルの名言・迷言その22:ウニョラー

勇者ニケとククリが青とうがらしを食べ、野生動物化してしまった際の鳴き声(?)です。相当大暴れします。

キロキロ〜
魔法陣グルグル 9巻より

この現象は一度治りはするものの後遺症を残しており、その後も何かをきっかけでしばしば再発再燃を繰り返します。

魔法陣グルグルの名言・迷言その23:「まだ」と言っていたらいつまでも…

服飾職人を目指すミウチャは自分に自信が持てず、次のステップになかなか進むことができません。そんな時に、キタキタおやじがいいことを言うのです。

「いつまでもスタートできませんぞ。そろそろ誇りを持たれてはいかがかな?」

魔法陣グルグル 13巻より

珍しくキタキタおやじの名言ですが、しっかりオチがついているあたりさすがキタキタおやじです。

誇りが迷惑をかけることも
魔法陣グルグル 13巻より

魔法陣グルグルの名言・迷言その24:良いかね、世界には…

勇者ニケとククリは魔境にてこれまでの戦いぶりを、ギリ軍に属さないモンスターの長に認められます。ニケとククリのあまりにもヘンテコな戦い方にモンスターたちは怪訝な顔をするのですが、その時にモンスターの長はこう言うのです。

世界には必ずどこかに「今作られつつある部分がある」
魔法陣グルグル 9巻より

むちゃくちゃなことを言っているようで、本質をついています。現実でも思い当たることがあるのではないでしょうか。

魔法陣グルグルの名言・迷言その25:すごい景色だなー…

ククリの仲間であるミグミグ族の失踪の秘密を知り落ち込むククリ。そんなククリを、ニケは笑顔で励まします。

「こういう景色を毎日見てたら、どっかへ行っちゃいたくなると思うぞ」

「もっともっとすごい景色が見たくなるだろ?」

魔法陣グルグル 6巻より
それで消えちゃったんだよ、ミグミグ族は
魔法陣グルグル 6巻より

悲しい別れだったんじゃない、希望の旅立ちだったのでは?という意図を含んだニケの名言には、ククリに対する優しさがあふれています。実はこのニケ、いろんなところでさりげなくいいこといっぱい言うんですよね。

そんな優しさにククリが惚れ込むのもなんとなくうなずけます。

魔法陣グルグルの名言・迷言その26:だめ!花の王女様は…

「だめ!花の王女様はククリと勇者様の、たいせつな子どもなんだから!」

魔法陣グルグル 12巻より

花の王国を制圧してククリにプレゼントしてやると言う魔族のプリンス・レイドに、ククリは衝撃の一言を言い放ちます。

実際は2人で王女を育てたというだけで本当の子どもではないわけですが、相当なダメージをレイドに与えたことだけは確かなようです。

がーん
魔法陣グルグル 12巻より

魔法陣グルグルの名言・迷言その27:「勇者、ズル技を覚える」と…

ダンジョンの結界のわずかなスキ間を見つけて通り抜ける勇者ニケ。それを受けて、勇者の記録を担当する天使がさらっとメモに書き込む際の迷言です。

ズル技をするニケ
魔法陣グルグル 14巻より

こういった勇者ニケの「ズル技」的なところはかねてよりよく知られていたことでもありますが、こう言葉に出されるとなんともおかしい感じがします。

魔法陣グルグルの名言・迷言その28:えっ、キタキタおやじさん来るの!?

4人の自然界の王に認められ、究極の光魔法キラキラを集めた勇者ニケ。早速魔王ギリの待つラストダンジョンへと向かおうというところ、キタキタおやじが最後の大陸について思いを巡らせている時にククリが放った迷言です。

これまでずっと一緒に旅してきたキタキタおやじとしては、すでに勇者のパーティの一員としてついて行く気満々であったのでしょうね。ダメージも相当大きかったに違いありません。

えっ、キタキタおやじさん来るの?
魔法陣グルグル 15巻より

キタキタおやじは最後までちゃんとついてきます。

魔法陣グルグルの名言・迷言その29:わしはそなたの顔の方が…

コーダイ王と王宮魔導師カヤとのやりとり。ニケとくくりを捉え地下牢にぶち込んだコーダイ王に、王宮に潜入していた魔族の魔導師カヤが「あの男の子は邪悪だから早めに処分しないと」と言ってきたことに対して、王様のキツイひと言です。

邪悪に見えるが…早めに処分したいぞ
魔法陣グルグル 2巻より

魔法陣グルグルの名言・迷言その30:自分の足元にこそ…

「自分の足元にこそ「地」はあるのだ!そんなことにも気づかないやつはこの森でハマってもらった。ハマりこそ大地への帰依である!」

魔法陣グルグル 11巻より

自然界の王の1人、地の王はさらりと危ないことを言い出します。

これが自然界の王のやることかと。ちなみにハマってもらった人たちはニケたちがダンジョンをクリアしなければ永遠にハマったままだったと言う鬼畜仕様。

ある意味ギリ軍の魔族よりタチが悪いのでした。

地の王オッポレ
魔法陣グルグル 11巻より

魔法陣グルグルの名言・迷言その31:プロの魔法使いは…

魔王ギリを前にして、魔法使いカヤがククリに最後の決戦を挑みます。が、ククリの機転によってカヤは全ての力を使い果たすこととなってしまい、勝利の軍配は見事ククリに上がることになります。

力を使い果たしたと思われていたカヤは、しかし最後にククリと相対している最中こう言うのです。

「プロの魔法使いはほんの少し魔力を残すものだ。一発逆転のためにな!」

魔法陣グルグル 16巻より

泡耐える勇者ニケとジュジュですが、カヤの最後の一発逆転の魔力はなんともかわいいものでした。

魔法の炎と長い声の猫
魔法陣グルグル 16巻より

そしてカヤはかっこよく去って行くのです。敵ではありましたが、最後まで自身の信念を貫くその後ろ姿や潔さは、まさに魔法陣グルグル史上最高の悪役であったでしょう。

魔法陣グルグルの名言・迷言その32:ナミダをふくことは、できた

魔王ギリとの戦いの最中、勇者ニケとククリはギリの魔法で体を押さえつけられ動けなくなってしまいます。それでもかろうじて右手だけ動かすことができたニケは、泣きべそをかくククリの頬を伝うナミダを拭いてあげます。

だいぶキザだなと感じる名言ですが、ククリとしてはもうドキドキで胸がいっぱいです。しかもそのナミダの水滴を使って水の剣を放ちギリにダメージを与えるまでに。

水の剣
魔法陣グルグル 16巻より

これでククリのドキドキは最高潮に。そして、魔王ギリを封印する魔法陣を自らの手で生み出すことができたのです。

感動する!笑える!懐かしいあの魔法陣グルグルの名言・迷言集32選のまとめ

魔法陣グルグルの魅力はそのセリフにありと言っても過言ではないでしょう。それだけ魅力的な名言・迷言が数多く登場します。

現在魔法陣グルグルと同様、勇者ニケとククリを主人公とする魔法陣グルグルの正統な続編、魔法陣グルグル2が連載されていますが、こちらについても忘れられない名言・迷言がたくさんありますので、是非ともチェックしてみてください。

コメント