スポンサーリンク

聖剣伝説LOM日記#5|ドミナの町で売っている魔法楽器はどれが1番いいのか?

この記事は約5分で読めます。

刃物で切りつけたり鈍器で殴りつけるのではなく、あくまでも魔法でスマートに攻略したい私にとって、ドミナの町の魔法楽器のラインナップはとても重要です。

今回はそんな魔法楽器の検証です。

スポンサーリンク

ドミナの町の魔法楽器

火炎のフルート

火炎のフルート
魔法:ノヴァサーバント
威力:8
範囲:ライン

ドミナの町で売っているもの中では1番威力が高い魔法楽器です。ただ魔法発動の遅さがとてもネックです。

そもそもラインの魔法は発動が遅く使いづらいことで知られていますね。しかもノヴァサーバントは自動ロック付き(魔法を発動した時点で敵にロックがかかって、必ず当たるようになる)ですから、なおのこと使いづらい。

自動ロックは、もちろん当たればいいのですけど、うまくロックがかからないと魔法効果が発現しませんので、無防備な状態を敵に晒すことになってしまいます。自動でロックされる機能、結構使いづらいんですよね。

せめて自動ロック出ないなら、ボスの必殺技避けに使えたんですけど。

魔法を使った必殺技避け
魔法って使っている間は無敵になりますからね。ボスが画面全体に強力な必殺技を使ってくる時、魔法を発動させるとその必殺技を回避することができるんです。まあはじめのうちは必要ないですけど‥‥3大シナリオのボスなんかと戦う時には必須です。

大地のドラム

大地のドラム
魔法:ストーンスカッシュ
威力:3
範囲:サークル

ドミナの町の魔法楽器の中でも1番の弱さを誇りますが、その追加効果にはちょっと注目です。ノーム属性(地)に弱い敵に使うと、敵を石にしてしまえるのです。しかも範囲はサークル、自分中心に効果が及びます。

これは敵に四方囲まれた時などにとても有効ですね。あまりに囲まれすぎて連続攻撃を受けている状況であればどうしようもないですが‥‥(魔法発動まで1秒ほどタイムラグがあるので)。敵がジリジリ迫ってきていて、そこから脱出したいという時には非常に使えるなと思います。

ただあまりにも威力が弱いために、ノームが弱点でない敵に使ってもあまり効果が薄いのが残念です。せめて火炎のフルートくらい威力があれば良いのですが‥‥。

範囲がサークルだと、敵に近づかないと活用できないというのも問題です。包囲網脱出以外には使い所が難しい魔法ですね。

疾風のマリンバ

疾風のマリンバ
魔法:エアショット
威力:7
範囲:ドーナツ

範囲がドーナツの魔法はとても好きです。自分を中心に広い範囲を攻撃することができますからね。しかもこのエアショット、効果の発動が非常に早いのです。威力が7ということで、そこそこ強いことも高評価です。

範囲ドーナツの魔法の問題点は、自分に近い場所にいる敵には効果が及ばないことです。ドーナツ、真ん中に穴が空いてますからね。ただこの欠点だって、位置取りにさえ気をつけていれば全く問題はありません。うまく敵から逃げつつ、機会を見計らって魔法を放てばいいのですから。

ただしちょっとだけ残念なのは、効果が発動した後、敵があらぬ方向に飛んでいってしまうことですね。自分から遠ざかってくれるならいいのですが、逆に自分に近づいてしまうこともあります。ドーナツの魔法なのに、使うと敵が近づいてくる。これは致命的な欠陥です。せめて敵がその場に止まってくれればいいのですけど。

有用ですが、使うことでピンチになってしまう可能性がなくもない魔法、といったところでしょう。

清流のハープ

清流のハープ
魔法:スプラッシュストーム
威力:6
範囲:ランニングサークル

魔法を使うと自分中心にサークルが現れて、それが徐々に前に進んでいくランニングサークル。常に自分の前方に使うことができること、徐々に前方へ範囲が進んでいくので戦いの計画が立てやすいことは大きなメリットです。

ただしとにかく効果発現が遅いです。魔法楽器は通常LやRボタンなどを押しっぱなしにすることで発動され、ボタンを離すことで効果が現れます。そしてこの魔法、ボタンを離してから効果があわられるまで1〜2秒近くかかるのです。

もちろん魔法を使っている間は無敵状態ですから、敵に攻撃されるということはないんですけど、魔法発動まで時間がかかっていると、敵が範囲から外れてしまうんですね。なのでちょっと当てづらいのです。

それと魔法が効果を発揮した後、敵があらぬ方向に飛んでいってしまうのも大迷惑です。うまく魔法が当たっても、敵が近くに来てしまうことも多いので、次魔法を発動するまでに場所を移動しなければならなくなります。

疾風のマリンバの場合はまだ、範囲が広かったので、そこまで大きな問題にはなりませんでしたが、清流のハープは効果範囲が前方へと進んでいくとはいっても、そこまで遠くまでは行きません。わりかし自分の近くで魔法が発動することになるのです。

その辺を考慮すると、やはりちょっと使いづらい魔法と言わざる得ないでしょう。

スポンサーリンク

結局は敵の弱点をつけるかどうか

ただ今回4つの魔法楽器を試してみて思ったのは、とにかく弱点をつかなければ魔法は役に立たないな、ということです。もちろん弱点をつかなくてもそれなりにダメージを与えることはできます。けれどもシナリオが進んで、より強い敵が出てくるようになったらどうでしょう。

もちろんその頃には魔法楽器もより強いものが買えるようになっているでしょう。また楽器作成で新しい魔法を作ることも可能です。

それでも、やはり弱点の補正は大きいのです。序盤だからまだこの程度の差ですが、これが先に進めば進むほど、きっと弱点をつかなければ敵に第ダメージを与えることができなくなるでしょう。

ではどうすればいいのか。幸いにも必殺技・魔法をセットするスロットは合計4つあります。なので、攻略するシナリオやランドの敵の弱点に応じて、最大4種類(4属性)の魔法楽器をセットするという方法が1番よいのではないかと思います。

今はまだ魔法楽器を何種類も購入する資金力はありませんが、いずれはしっかりとお金を稼ぎ、魔法楽器を8属性揃え、攻略するシナリオに応じて使い分けられるようになりたいと思います。

え、弱点がない敵ならどうすればいいのか?はて‥‥。

今は考えないようにしておこう。

タイトルとURLをコピーしました