スポンサーリンク

聖剣伝説LOM日記#1|ニキータ商い道中

この記事は約7分で読めます。

マナの木が焼け落ちたの900年前。

マナの力は、魔法楽器やマナストーン、アーティファクトの中にだけ残され、知恵ある者たちはそれを奪い合いました。

そして数百年にわたる戦乱の時代を経て、マナの力が少しずつ弱まるにつれ、それを求める者たちも消えゆくと、ようやく、世界に平和が訪れました。

それ以来、人々は求めることを恐れ、虚な気持ちだけを胸に抱いて、私の手から離れていきました。

私の無限の業から目を背け、小さな争いに胸を痛めています。

私を思い出してください。私を求めてください。

私は全てを限りなく与えます。

私は愛です。

私を見つけ、私へと歩いてください。

スポンサーリンク

LOM日記#1

マイホーム

「ねぇ ねぇ ちょっとー!」

「ボクがいるんだから話しかけてよー!」

「ねぇ ねぇ ちょっとー!」

「話しかけてよー!」

「話しかけてよー!」

「遊んでるでしょ!」

「ボク、草人、世界は、みるひとのイメージでかわるんだって。知ってた?」

「ボクが、ドミナの町があると思うから、あるんだって。詩人のポキールも言ってたよ。世界はイメージなんだって。他の人はチガウって言うけど草人はそれを知ってるの」

「もし、ここから外に出て、ドミなの町がなかったら、イメージしてみればいい。これをあげるから。これがドミナの町だよ」

ドミナの町|商店街

「オイ!名前くらいなのれよ!」

「‥‥瑠璃だ」

「チッ‥‥‥‥。気分悪ィなあ」

「オレは玉ねぎ剣士のドゥエル。道具屋の主人の部屋に友達のティーポがいるんだ。話があるなら、そこで」

ドミナの町|マークの部屋

「冒険に行くのかい?となりの店で、ブロンズグラブあたり買ってった方がいいぜ。買ったらわすれずに装備ね。Xボタンおせば、冒険の準備色々できるよ。まぁ、バトルのことは、オレが教えてあげられると思うから、頼りにしていいさー!玉ねぎ剣士とはいえ、剣士だからね」

「ところでドゥエルはん、玉ねぎ剣士ってなんやの?」

「そんなのオレにもわからないさー!」

「はははは。そうやって何度も話を聞いて確かめるのも大切だね。となりの店で、ブロンズグラブあたり買ってった方がいいぜ。これがオレのアドバイスさ」

「マークはレイチェルのこと、気にしすぎなんだよね」

「バトルってのはねぇ、自分ってなんだろう、ってことなんだよね」

「玉ねぎ剣士やん」

「見た目で人を判断するなさー!」

「‥‥‥‥中身はモロ玉ねぎと違うの?」

「自分の中身なんて考えたことなかったさー!それじゃ、バトルのことはダンジョンででも話そうさー!家族のだんらんの部屋で戦いの話なんてしたくないさー!ダンジョンに行こうさー!」

「レイチェルに明るい子に戻ってほしくて、バイトなんかさせてるんですけどねー、会える時間が少なくなってさみしいなー、なんてね‥‥。ああ、そうだ、キミにこの武器・防具・楽器図鑑をあげよう。内容は書斎で確かめるといい。これからもうちの店をよろしくお願いしますよ」

「さっきな、おっかなーーい兄さんが来てたんや。迷子になったツレの子をな、探してる言うねん。うち知らへんやん?なのに、かくすのかって、ウチのことおどすんですわ。あれ、いまはやりのストーカーちゃうん?」

ドミナの町|酒場・アマンダ&パロット亭

「ウルサイ、とりこみ中だ」

「なぜ黙ってる!オレを怒らせるな‥‥」

「なにか、しってるのか!仲間が行方不明なんだ。白いドレスに、長く編んだ髪をたらしてる。妹みたいなものなんだが‥‥。心配だ‥‥。ああ‥‥」

「心当たりがないのか?オレの仲間がどこに行ったか、ホントに知らないのか?チクショウ!時間をムダにした!」

ドミナの町|ドミナバザール

「オイラ、ニキータ、旅の行商人にゃ。だけど街道は盗賊だらけ、町から出るのはコワイにゃ。アンタもそう思うにゃ?」

「たのもしいにゃ。オイラ、盗賊にタコにされてこまってたとこにゃ。二人で盗賊をこらしめるにゃ。うまくいったら、大もうけさせてあげるにゃ」

「アンタ、商売上手にゃ。オイラ、ソントクのわかる人は大好きにゃ」

「ちょっとティーポに会って行きたいにゃ。つきあうにゃ」

「占いやってく?10ルクだよ。老後は一人でやってくつもりなンだから、マケらンないよ」

「なんだ、アンタ!10ルクもってないじゃん!ビンボーじゃん!」

ドミナの町|マークの部屋

「お!ニキータはん!久しぶりやないですかー。何かええモン入りましたー?」

「いやぁ、それがにゃぁ、あるにはあるんだけど、これは手放せないにゃー」

「ニキータはーん。なんや思わせぶりやないかー」

「コレにゃ。街道で手に入れた車輪にゃ」

「なんやー、ただの古ぼけた車輪にしか見えへんなー」

「いいにゃ、もう帰るにゃ。これはただの車輪にゃ。ロクなもんじゃないにゃ」

「待っとくんなはれー!その車輪、タダの車輪とちゃうことくらい分かりまんがな!売っとくんなはれ。ナンボくらいしますんやー?」

「50,000ルクにゃ」

「ニキータはーん。足モト見すぎやー。いくらなんでもそんな‥‥」

「50,000ルク準備するにゃ。それまでは‥‥ユヅキさんにつかっていただくにゃ」

「ニキータはん、アンタ悪魔や。50,000ルク準備しますさかい、考えておくんなはれー」

「また後でくるにゃ」

「そんな、せっしょうなー」

リュオン街道

「キミはドミナの町で会った、えー、チャボくんだね?」

「おおおおおお!!キミがチャボくんかー!!すげえなあ!ガキの頃、オヤジからよく聞かされてたけど、ホラ話だとばっかし思ってたよ。いやぁ、それでチャボくん、バトルのことなんでも聞いてよ」

「好きなこの名前を大声で叫びながら戦うんだ。それしかないよ、ホントに。オレなんか、ひっこしの時、タンスかつぐ時に叫んじゃったからね」

「それでダメなら、相手を気絶させちゃうのも手だね。連続攻撃を当て続けると、気絶しやすいみたいだよ。連続攻撃ってのは、青い残像がつく攻撃ね。相手がうごかなけりゃ、必殺技も当てやすいってもんさー!したらな!」

「こんにちは‥‥。私はダナエ、ガトから来たの。あなたも賢人に会いに来たの?」

「キュートな耳、イカすにゃ!プリティーなキミと二人で、ラブラブキャッチにゃ!」

「ゴメンなさい‥‥。アナタに聞いたんじゃないの。そちらの方はどうなのかしら?」

「断崖の町、ガトよ。いにしえの昔から、聖なる風に守られた、大きな寺院があるの」

「私にわかることならなんでも聞いてください」

「この近くに、大地の顔ガイアと言われている、とても古い賢人がいるはずなの。だけど会うのが怖い‥‥。真実を知るのが怖いの‥‥」

「オラオラオラオラ!金出せ!金出せ!金出せ!出せ出せ出せー!うおりゃあああああ!なめんな! なめんな! なめんなー!」

「コイツら金の亡者にゃ。許せないにゃ」

「せんせー!でばんだー!ノシちまってくだせー!」

「スバラシイにゃ。アンタならやってくれると信じてたにゃ。助かったにゃ。アンタ、やっぱりスゴイにゃ。おおもうけさせてあげるにゃ。ちょっとまつにゃ。アダマソナベ、くさむしまんじゅう、へバタのタコムシ‥‥」

「普段なら3,000ルクにゃ。あなたにだけ、トクベツに300ルクにしてあげるにゃ‥‥にゃんだって?300ルク持ってない?あなたほどのお人が、そんな、ポケットうらがえすにゃ」

「ちょびっとだけ あるにゃ。それでじゅーぶんにゃ。命ケズってサービスさせてもらうにゃ。ついでにコレも受け取るにゃ」

「なにへこんでるにゃ。うれしい時はスマイルにゃ。オイラも商売人、大切なお客さんにソンさせるわけないにゃ。オイラ満足してるにゃ。よき出会い! よきわかれ! 人生エンジョイするにゃ!それじゃ、アディオスにゃ!」

「すまああああいる!」

スポンサーリンク

お金がないドミナの町

300ルクがないとポケットを裏返させられる‥‥まるでカツアゲなニキータに殺意が覚えました。というかポケット裏返すってセリフ、あったんですね‥‥初めて知りました(今までPS版プレイした時は、すでにお金に余裕があったからなのか、普通に300ルク払うだけのテキストしか見たことがなかったので)。

お金がないと言えば、メイメイの占いもそうですね。あんなふうになじられるとは思いませんでした。まあ10ルクすらないなんて、なかなかないでしょうからね。

そして当然、ドゥエルおすすめのブロンズグラブも買うことができず‥‥。ドゥエルのあのセリフは、マイホームの宝箱で100ルク入手することが前提のセリフなんですね。

まあ正直LOMでお金にものを言わせて何かを買うってあまりなかったので、お金に対する執着が薄れますよね。初期装備でどうにか進められますし、敵がそこそこ強力な武器を落としていってくれますし。中盤以降は武器防具楽器すべて作れるわけですから。あえて言えば、武器防具の副原料を買うくらいでしょうか‥‥まあそれも極めようと思わなければそんなに必要ないですし‥‥。

まあともかく、初っ端からお金関係で色々な屈辱を受けたわけですが、それもまた一興。LOMは始まったばかりなので、気楽に楽しんでいこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました